Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「アカウントの資金を凍結」 - 仮想通貨取引所「bitbank」かたるフィッシング

仮想通貨取引所「bitbank」を装ったフィッシング攻撃が発生している。「アカウントの資金が凍結された」などとだまし、偽サイトへ誘導していた。

20180307_ap_001.jpg
誘導先のフィッシングサイト(画像:フィ対協)

フィッシングメールに関する報告が寄せられているとして、同取引所を運営するビットバンクや、フィッシング対策協議会などが注意喚起を行ったもの。

問題のメールは「【bitbank.cc】アカウントの資金が凍結」という件名で送信されており、本文では「あなたのアカウントは何度もログに記録されています。あなたのアカウントを保護するために、私たちはアカウントの資金を凍結しました」などと不安を煽り、メール本文中のリンクから偽サイトに誘導しようとしていた。

フィッシングメールでは、HTMLメールによりURLを偽装。本文中でクリックを促されるURLにくわえ、同社サイトや、入金方法、購入や売却を行うページについて、正規サイトのドメインを含むURLが表示されるが、正規サイトと同じトップレベルドメインの「.cc」を利用する偽サイトに対してリンクが行われている。

(Security NEXT - 2018/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
偽「メンテナンス」通知に注意 - 三井住友銀装うフィッシング
「Amazonプライム」の会員狙うフィッシング - ブランド名を誤るミスも
「第一暗証はワンタイムパスワードではございません」 - 三井住友銀かたるSMSに注意
「クレカ情報の漏洩や不正利用を確認できる」とだますフィッシング - 全銀協を偽装
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
偽「ヤマト運輸」の不在通知SMSが流通 - 他事業者でも警戒を
クレカ明細サービス装うフィッシング攻撃 - 「信頼性高めるため」などと本文中URLからのアクセス促す
「Yahoo!JAPANカード」の利用者狙うフィッシング - PW初期化案内を偽装
4段階ある凝った作りの偽Amazonサイト - クレカの本人認証ページまで用意