Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Chrome 65」がリリース、セキュリティに関する45件の修正を実施

一部で金額が未確定となっているが、今回の脆弱性の報告に対して支払われた報奨金は合計3万4500ドル。最高額は、「CVE-2018-6058」「CVE-2018-6059」の5000ドルだった。

今回修正された脆弱性は以下のとおり。

CVE-2018-6058
CVE-2018-6059
CVE-2018-6060
CVE-2018-6061
CVE-2018-6062
CVE-2018-6057
CVE-2018-6063
CVE-2018-6064
CVE-2018-6065
CVE-2018-6066
CVE-2018-6067
CVE-2018-6068
CVE-2018-6069
CVE-2018-6070
CVE-2018-6071
CVE-2018-6072
CVE-2018-6073
CVE-2018-6074
CVE-2018-6075
CVE-2018-6076
CVE-2018-6077
CVE-2018-6078
CVE-2018-6079
CVE-2018-6080
CVE-2018-6081
CVE-2018-6082
CVE-2018-6083

(Security NEXT - 2018/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

最新「iOS」にゼロデイ脆弱性 - ジェイルブレイクツールが公開される
露APTグループがメールサーバに脆弱性攻撃 - 米政府が注意喚起
MTA「Exim」に対する攻撃が拡大 - 脆弱なサーバは360万台以上稼働か
Apple、iOSアップデートの脆弱性修正内容を公開
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
複数の人気スマホ、地域による脆弱性格差が存在
「Cybozu Desktop」のWindows版に脆弱性 - アップデートで修正
WP向けプラグイン「Paid Memberships Pro」にSQLi脆弱性
「Apache Tomcat」にRCE脆弱性 - 5月公開の最新版で修正済み
「Chrome 83」が登場、XSS対策強化 - セキュリティ修正38件