Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セキュリティ」テーマの小説コンテストが開催 - 大賞作品は書籍化

20180302_jk_001.jpg

日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は、サイバーセキュリティをテーマとした「サイバーセキュリティ小説コンテスト」を開催する。

同イベントは、セキュリティやネットリテラシーの啓発や、セキュリティ技術者に関する関心やイメージの向上、人材育成の促進などを目的としたコンテスト。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の協力のもと企画し、KADOKAWAが運営を担当する。

国内在住の個人を対象としており、「サイバーセキュリティ」を題材としていれば、「ラブコメ」や「バトル」「SF」「ファンタジー」「童話」などジャンルは問わない。プロ、アマ問わないが、みずから創作したオリジナル作品である必要がある。

コンテストの投稿および審査はKADOKAWAの小説サイト「カクヨム」上で実施するため、同サービスへの会員登録が必要。3月30日の正午より募集を開始し、締め切りは8月31日を予定している。

大賞作品には賞金100万円が贈られ、角川スニーカー文庫で書籍化される。またスポンサー賞を用意している。応募要項などはコンテストのページから。

(Security NEXT - 2018/03/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「約ネバ」とタイアップイベント、3月に都内で開催 - NISC
「SECCON CTF 2018」東大学生チームが優勝 - 日本チームが上位独占
アキバで「SECCON 2018」が開催中 - 親子で楽しめるコンテンツも
「サイバーセキュリティ」テーマの小説コンテスト、大賞決定
1月に「個人情報保護法シンポジウム」が都内で開催
医療分野に特化したハッキングコンテスト - 脆弱性32件を発見
「SECCON 2018」 が一般参加の事前登録を受付中 - プログラムも公開
「パスワード 1個ばれたら 俺終わる」啓発コンテストの受賞作発表 - マカフィー
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
制御システムのCTF、11月に予選開催 - Kaspersky Lab