Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加

2月はフィッシングサイトに用いられたURLが、前月比1.2倍に拡大した。フィッシング攻撃でなりすまし被害に遭うブランドも増加している。

20180301_ap_001.jpg
フィッシングサイトに利用されたURLの件数(グラフ:フィ対協)

フィッシング対策協議会によると、2月に寄せられたフィッシングの報告件数は前月比42件減となる836件。1396件でピークを迎えた2017年12月以降、3カ月連続で減少した。

一方でフィッシングサイトに誘導するため利用されたURLは648件。2017年9月に1212件まで拡大したが、以降は減少傾向が続き、1月は半数以下となる537件まで改善するも、2月は再び増加に転じている。

フィッシング攻撃に悪用されたブランドも増加しており、前月を5件上回る30件となった。30件を超えたのは、調査開始以降2回目で、2011年5月の43件に次いで多い数字だった。

(Security NEXT - 2018/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SMSによる偽不在通知の相談、2年で2000件超
1月のフィッシング、報告数減となるもURLは増加
2割弱の中小企業が被害経験 - 「攻撃対象となる可能性高い」6.2%
クレカ不正利用、被害者の6割弱が原因わからず
IPAが「10大脅威2020」を発表 - 「内部不正」「IT基盤の障害」など順位上昇
2018年「セキュリティ10大脅威」 - 注目高まる「サプライチェーン攻撃」
2019年4Qのインシデントは減少 - フィッシングは増加
「7pay不正アクセス事件」は約6割が認知 - 「スミッシング」は3割届かず
11月のネットバンク被害、7.6億円 - 過去最悪の水準
フィッシング攻撃減少するも高水準 - 半数超が「偽Amazon」