Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CSAJ、データ適正消去実行証明協議会を設立 - データ消去の基準を策定

コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)は、「データ適正消去実行証明協議会(ADEC)」を設立した。データを消去する際の基準策定や、第三者による証明制度の整備に向けて活動するという。

同協議会は、IT機器の廃棄や再利用にあたり、データの消去方法やプロセスが事業者により差異があり、一部で情報漏洩なども生じているとし、適切なデータ消去に向けて技術的な基準の策定を目指す。

具体的には、調査研究、情報提供などを行うほか、適切に消去されたことを第三者が証明する制度の整備なども視野に入れている。

(Security NEXT - 2018/03/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2016年2Qの脆弱性届出は230件 - ウェブサイト関連が増加
2016年2Qの脆弱性届出は753件 - ソフト製品関連が前Q比約7倍に
CSAJ、端末やDCにおけるデータ抹消の信頼性確保目指して研究会
携帯電話ののぞき見、約5人にひとりが経験 - 女性は3割以上に
2015年4Qの脆弱性届出は221件、ソフトウェア関連が増加
2015年3Qの脆弱性届出は213件 - ソフトとサイトいずれも増加
政府、個人情報保護法改正案を閣議決定 - 個人情報DB提供罪も
行政機関などの個人情報管理指針が改正 - 年金情報流出を受けて初動対応など強化
2015年2Qの脆弱性届出は163件 - ウェブサイト関連が半減
セキュリティ製品への注目集まる「Interop Tokyo 2015」