Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

東芝グループ会社に不正アクセス - メール情報流出の可能性

東芝グループにおいて社内情報システムの管理、運用を担当する東芝インフォメーションシステムズ(TSIS)が不正アクセスを受け、一部グループ会社の従業員に関するメールデータが流出した可能性があることがわかった。

同社グループが利用するメールサーバが不正アクセスを受けていたことが2月14日に判明したもの。TSISがシステムの運用監視を委託している外部事業者より、委託先のサーバを通じてTSISの情報システムに不正アクセスが行われた可能性があることを検知したとの連絡が2月10日にあり、調査を行ったところ問題が発覚した。

今回の不正アクセスにより、東芝やグループ会社の従業員100人分に関するメールデータが流出した可能性があるという。対象となるメールには、機密性の高い技術情報や取引先との取引関連情報などは含まれていないという。

親会社である東芝では警察へ相談。資料が流出した可能性のある取引先に対しても個別に報告している。引き続き原因について調査し、セキュリティの強化など再発防止に取り組むとしている。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

海外子会社に不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - 野村HD
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が流出か - 京都の飲食店
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店
「セシールオンラインショップ」に不正アクセス - 攻撃リストが顧客IDと一致
旧サーバ内の個人情報最大9.2万人分が流出の可能性 - 森永乳業の通販サイト
MS&Consulting、登録者情報約57万件が流出か - あらたな可能性判明で件数修正