Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ対応時の情報共有に関するポイントを整理した資料の英語版をリリースした。

2017年10月に公開した「セキュリティ対応組織(SOC,CSIRT)強化に向けたサイバーセキュリティ情報共有の『5W1H』」の英語版「Six Ws on cybersecurity information sharing for enhancing SOC/CSIRT Version 1.0」をリリースしたもの。

同資料は、セキュリティ対策において共有された情報を有効に活かせるよう、情報共有の目的やタイミング、共有する関係者や情報の内容、手段など、ポイントを整理している。同資料は、同協議会のウェブサイトよりPDFファイルにてダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
米SymantecとNTTセキュリティ、CASBの活用で協業
サイバー攻撃による重要インフラ障害、深刻度評価基準でパブコメ
「WannaCrypt」騒ぎから約1年、GWに向けてセキュリティ対策の確認を
大阪府で児童扶養手当の決裁文書紛失が判明、2017年に5月発生 - 本籍や病歴、マイナンバーも
5分学習ツールに新コース - テーマはIPAの「情報セキュリティ5か条」
ラック、インターポールとサイバー犯罪情報の共有契約を締結
サイバーセキュリティ基本法の改正案を閣議決定 - 官民情報共有組織の創設へ
グローバルでは半数がデバイスPWをパートナー同士で把握 - 日本は2割弱