Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ対応時の情報共有に関するポイントを整理した資料の英語版をリリースした。

2017年10月に公開した「セキュリティ対応組織(SOC,CSIRT)強化に向けたサイバーセキュリティ情報共有の『5W1H』」の英語版「Six Ws on cybersecurity information sharing for enhancing SOC/CSIRT Version 1.0」をリリースしたもの。

同資料は、セキュリティ対策において共有された情報を有効に活かせるよう、情報共有の目的やタイミング、共有する関係者や情報の内容、手段など、ポイントを整理している。同資料は、同協議会のウェブサイトよりPDFファイルにてダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「スリープモードは脆弱」 - HDD暗号化済みPC内部へアクセス可能となる問題が判明
一部フランチャイズ店舗の顧客情報がネット上で閲覧可能に - モスバーガー
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
制御システムセキュリティカンファレンスで講演募集 - JPCERT/CC
「IKEv1 PSK」のメインモード、オフラインで総当たり攻撃受けるおそれ
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
政府、今後3年間の「サイバーセキュリティ戦略」を閣議決定
マルウェア配信担う自己拡大型トロイの木馬に警戒 - 復旧に1億円超えも