Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

セキュリティに関する情報共有のポイントを整理した資料に英語版 - ISOG-J

日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は、セキュリティ対応時の情報共有に関するポイントを整理した資料の英語版をリリースした。

2017年10月に公開した「セキュリティ対応組織(SOC,CSIRT)強化に向けたサイバーセキュリティ情報共有の『5W1H』」の英語版「Six Ws on cybersecurity information sharing for enhancing SOC/CSIRT Version 1.0」をリリースしたもの。

同資料は、セキュリティ対策において共有された情報を有効に活かせるよう、情報共有の目的やタイミング、共有する関係者や情報の内容、手段など、ポイントを整理している。同資料は、同協議会のウェブサイトよりPDFファイルにてダウンロードすることができる。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ソーシャルボタン設置する「WordPress」用プラグインに深刻な脆弱性
2018年に2121億の攻撃パケット観測 - 23番ポート宛が半減
2018年4Qの標的型攻撃情報、6割がプラント関連狙い
ホスティングサービスに不正アクセス、約5000サイトが改ざん - 利用者CMS経由でOS侵害
Facebook、ロシア関与疑われる不正アカウントを凍結 - 100万件以上のフォロー
公衆Wi-Fi利用者向けVPNサービスに固定IPオプション - ALSI
12月上旬から特定ポート宛てのパケットが増加 - Windowsが発信元、共通の特徴見られず
1月のMS月例パッチ、ファイルサーバ適用時に不具合
「認定送信型対電気通信設備サイバー攻撃対処協会」にICT-ISACを認定 - 総務省
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査