Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、システムの脆弱性対応状況を可視化する「脆弱性見える化ソリューション」を6月下旬より提供する。

同ソリューションは、利用者のシステムにおけるIT資産情報をAPIで取り込み、システムごとの脆弱性を一元管理できるサービス。

日本語によるダッシュボードを提供し、脆弱性が与える影響や対処方法、脆弱性への対応状況などを確認できる。

月額利用料はIPアドレス1件あたり8980円から。導入に向けたコンサルティングや登録代行支援、ヘルプデスクなどのサービスも用意している。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

IoT機器メーカー向けのPSIRT支援サービス - NRIセキュア
挙動から脆弱性や攻撃を検出する「DevSecOps」向けソリューション
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
カスペルスキーのサイバー脅威マップが日本語対応
無料PDF版「情報セキュリティ白書2018」の配布を開始 - IPA
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始