Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、システムの脆弱性対応状況を可視化する「脆弱性見える化ソリューション」を6月下旬より提供する。

同ソリューションは、利用者のシステムにおけるIT資産情報をAPIで取り込み、システムごとの脆弱性を一元管理できるサービス。

日本語によるダッシュボードを提供し、脆弱性が与える影響や対処方法、脆弱性への対応状況などを確認できる。

月額利用料はIPアドレス1件あたり8980円から。導入に向けたコンサルティングや登録代行支援、ヘルプデスクなどのサービスも用意している。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
IT資産管理製品「QND」に新版 - パッチのタイミング制御に対応
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
信金向けにサイト脆弱性診断 - SOMPOリスクマネジメント
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開
CVSSとPoC公開状況から利用OSSへの影響を評価するSaaS - ビズリーチ
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知
ウェブアプリ脆弱性検査ツールに上位版 - 「ブラインドSQLi」や「XXE」に対応
トレンド、サーバ向け製品の新版 - コンテナ間の攻撃検知に対応