Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

脆弱性の影響や対応状況の可視化サービス - NTTコム

NTTコミュニケーションズは、システムの脆弱性対応状況を可視化する「脆弱性見える化ソリューション」を6月下旬より提供する。

同ソリューションは、利用者のシステムにおけるIT資産情報をAPIで取り込み、システムごとの脆弱性を一元管理できるサービス。

日本語によるダッシュボードを提供し、脆弱性が与える影響や対処方法、脆弱性への対応状況などを確認できる。

月額利用料はIPアドレス1件あたり8980円から。導入に向けたコンサルティングや登録代行支援、ヘルプデスクなどのサービスも用意している。

(Security NEXT - 2018/02/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、2.7万件以上のバグを発見したファジングツールをオープンソース化
IoT製品のファームウェア用脆弱性調査ツール - ソースコードに非依存
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
サイト改ざんの予防から復旧まで対応するソリューション - ALSOK
クラウドで「秘文」を提供 - 日立ソリューションズ
モバイルアプリの脆弱性診断サービス - インテック
Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア