Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年後半に「コインマイナー」検出が急増 - 「Coinhive」の影響も

国内において2017年第4四半期に「コインマイナー」の検出が急増した。「Coinhive」も影響しており、同サービスの悪用事例も目立つという。

トレンドマイクロが、2017年における検出動向を取りまとめたもの。同社では仮想通貨をマイニングするために作成されたソフトウェアについて、マルウェアや不正な目的か明瞭ではないグレーツールのほか、正規ツールを含めて「コインマイナー」と定義している。

20180306_tm_001.jpg
「コインマイナー」の検出台数推移(グラフ:トレンドマイクロ)

国内の同社製品利用者において、「コインマイナー」の検出台数を月ごとに取りまとめており、2017年はのべ14万5800台より「コインマイナー」が検出された。

四半期ごとの合計を見ると、第1四半期は770台だったが、第3四半期に8460台、第4四半期は13万5370台と後半に向けて検出台数が増加している。

「コインマイナー」の内訳については明らかにしていないが、同社によると、脆弱性を攻撃して「コインマイナー」をダウンロードさせるウェブサイトの急増や、ウェブ経由でマイニングを実行する仮想通貨発掘サービス「Coinhive」の登場が増加を後押ししたという。

(Security NEXT - 2018/03/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カンファレンス「JSAC 2019」の講演動画がYouTubeで配信開始
フィッシングURL、過去最多 - 報告も3000件の大台突破
2019年度のブロックチェーンサービス市場は171.5億円、2022年度に1235億円との予測
フィッシング報告が3カ月連続増 - フリマアプリ狙う攻撃も
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年の「不正アクセス認知」1486件 - 前年比284件増
金融庁、100社参加の横断的演習を実施 - 仮想通貨取引所やFX事業者が初参加