Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム

Avastは、IoT向けのセキュリティプラットフォーム「Smart Life」を発表した。コンシューマー向けにSaaSサービスとして提供するほか、サービスプロバイダー経由での展開なども予定している。

同社では、同プラットフォームのサービスとして手はじめに、家庭用ネットワークを保護する「Avast Smart Home Security」を展開。モバイルアプリやネットワーク接続機器を用いて、マルウェア対策やセーフブラウジング、プライバシー保護、DDoS攻撃対策などの機能を提供する。

同製品を利用することで、IoT機器における異常な動作やデータ送信などを発見した場合に攻撃を遮断。ユーザーに警告するといったことが可能になるとしている。またインターネットや画面表示などの制限やコンテンツフィルタリングなど、機能追加なども検討している。

(Security NEXT - 2018/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
IoT機器向けに軽量の改ざん検知SDK - 実行中にも対応