Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、クラウド環境向けセキュリティ対策製品「CloudGuard」を発表した。

同製品は、クラウド上のインフラやアプリケーション、コンテンツなどを保護する製品ファミリー。「CloudGuard SaaS」と「CloudGuard IaaS」の2製品をラインナップとして用意している。

「CloudGuard SaaS」は、SaaSアプリケーションの利用者向けに提供するセキュリティソリューション。サンドボックスによるマルウェア対策や、アカウントの乗っ取り防止機能を提供。クラウド上のデータを強制的に暗号化でき、許可なく共有したデータを隔離することができる。

また従来より提供している「Check Point vSEC」を、今後は「CloudGuard IaaS」として展開。「Amazon Web Services」や「Google Cloud Platform」「Microsoft Azure」などクラウド向けにセキュリティ機能を提供する。

(Security NEXT - 2018/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ
クラウドの設定ミスを防ぐ診断サービス - ラック
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ
IPAとNTT東、テレワークシステムを緊急開発 - 10月末まで無料開放
テレワーク環境向けに期間限定の脆弱性診断 - BBSec