Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、クラウド環境向けセキュリティ対策製品「CloudGuard」を発表した。

同製品は、クラウド上のインフラやアプリケーション、コンテンツなどを保護する製品ファミリー。「CloudGuard SaaS」と「CloudGuard IaaS」の2製品をラインナップとして用意している。

「CloudGuard SaaS」は、SaaSアプリケーションの利用者向けに提供するセキュリティソリューション。サンドボックスによるマルウェア対策や、アカウントの乗っ取り防止機能を提供。クラウド上のデータを強制的に暗号化でき、許可なく共有したデータを隔離することができる。

また従来より提供している「Check Point vSEC」を、今後は「CloudGuard IaaS」として展開。「Amazon Web Services」や「Google Cloud Platform」「Microsoft Azure」などクラウド向けにセキュリティ機能を提供する。

(Security NEXT - 2018/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
東陽テクニカ、複数ソリューションの統合サービスを展開
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
クラウドベースのPC操作ログ分析サービス - オージス総研
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
ALSI、クラウド型ゲートウェイサービスにマルウェア対策を追加
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に