Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズは、クラウド環境向けセキュリティ対策製品「CloudGuard」を発表した。

同製品は、クラウド上のインフラやアプリケーション、コンテンツなどを保護する製品ファミリー。「CloudGuard SaaS」と「CloudGuard IaaS」の2製品をラインナップとして用意している。

「CloudGuard SaaS」は、SaaSアプリケーションの利用者向けに提供するセキュリティソリューション。サンドボックスによるマルウェア対策や、アカウントの乗っ取り防止機能を提供。クラウド上のデータを強制的に暗号化でき、許可なく共有したデータを隔離することができる。

また従来より提供している「Check Point vSEC」を、今後は「CloudGuard IaaS」として展開。「Amazon Web Services」や「Google Cloud Platform」「Microsoft Azure」などクラウド向けにセキュリティ機能を提供する。

(Security NEXT - 2018/02/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
ラックとNEC Asia Pacificが協業 - 中堅中小向け監視サービスを展開
「オフィス宅ふぁいる便」が機能強化 - 最大3Gバイトまで送信可能に
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
インシデントや委託先の管理を支援するサービス - GRCS
WAFとマルウェア検知をセット、ウェブサイト向けクラウドサービス
送信ドメイン認証の実装を支援するソリューション - シマンテック
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット