Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

埼玉県、准看護師試験の解答を開始前に誤って公開 - 試験結果に影響なし

埼玉県において、准看護師試験が開始される1時間半前から、同試験の解答を同県ウェブサイト上より閲覧できる状態だったことがわかった。

同県によれば、事故が発生したのは、2月18日に実施した准看護師試験。同日11時半ごろ、ウェブサイト内の製菓衛生師試験の正答欄に、同日13時実施予定だった准看護師試験の解答を含むPDFファイルを誤って掲載していた。

翌19日に外部から指摘があり問題が発覚。同県では正答欄のPDFファイルを差し替えた。

試験前に解答を確認できる状態だったが、准看護師試験が終了するまでに誤って掲載したファイルがアクセスされた履歴はのこっておらず、同県では試験結果に影響はないとしている。

今回の問題について同県では、試験終了後に行うべき作業を前倒しで行ったことや、チェック体制の不備があったとしており、作業手順や管理方法を見直す方針。

(Security NEXT - 2018/02/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

食物アレルギーなど小学校児童の個人情報をサイトに誤掲載 - 福岡市
個人情報を県のウェブサイトに誤って公開 - 鳥取県
サイトに個人情報誤記載、調査で判明 - 佐賀県
関係者の個人情報をウェブサイトに誤記載 - 情報・システム研究機構
ウェブサイトへ個人情報を誤掲載 - 下関市
研修受講者の個人情報含むデータを誤公開 - 大阪府社会福祉協議会
オリンピック強化指定選手の個人情報を誤掲載 - 千葉県
サイト上で介護事業所代表者の個人情報を誤公開 - 宮城県
スマホ操作ミスでFacebookに個人情報を誤投稿 - 堺市社会福祉協議会
ボランティア関係者の個人情報をサイトに誤掲載 - 北九州市