Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業を対象としたセキュリティ対策学習支援ツール「5分でできる! 情報セキュリティポイント学習」の新版を公開した。

同ツールは、中小企業の従業員がセキュリティ対策を学習できるeラーニングサービス。2009年より公開しており、あわせてPDF版も用意されている。

情報の「保管について」「廃棄について」など25の学習テーマを用意。1テーマの学習時間は5分で、確認テストや学習完了後の修了証なども用意している。

今回公開した新版では、2016年11月に改訂された「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」の「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」に対応。また、「クラウドサービス」「スマートフォン」「ウェブサービス」などの6テーマをあらたにくわえるなど、学習テーマも見直した。

(Security NEXT - 2018/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ブランド悪用アプリや機密情報漏洩の検知サービス
人的なインシデント調査を機械学習で高速化 - ダークトレース
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
コンテナイメージのリスクを可視化する製品 - トレンド
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - アプリ異常動作を検知
バラクーダ、WAF向けにボット検出機能 - PWリスト攻撃対策など検出
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10