Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業を対象としたセキュリティ対策学習支援ツール「5分でできる! 情報セキュリティポイント学習」の新版を公開した。

同ツールは、中小企業の従業員がセキュリティ対策を学習できるeラーニングサービス。2009年より公開しており、あわせてPDF版も用意されている。

情報の「保管について」「廃棄について」など25の学習テーマを用意。1テーマの学習時間は5分で、確認テストや学習完了後の修了証なども用意している。

今回公開した新版では、2016年11月に改訂された「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」の「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」に対応。また、「クラウドサービス」「スマートフォン」「ウェブサービス」などの6テーマをあらたにくわえるなど、学習テーマも見直した。

(Security NEXT - 2018/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
A10、製品連携のDDoS攻撃対策を実現 - 機械学習で自動防御
MS、機械学習活用したSIEM「Azure Sentinel」を発表 - 「Office 365」とも簡単連携
Sophos、コンシューマー向けソフトに新版 - 検知エンジンを拡充
オンライン本人確認事業で合弁会社検討 - セブン銀とISID
役員や経理部長のメールを機械学習、特徴からBEC検知
攻撃の対処要否を自動判断するための学習データ生成技術を開発 - 富士通研
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに