Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業を対象としたセキュリティ対策学習支援ツール「5分でできる! 情報セキュリティポイント学習」の新版を公開した。

同ツールは、中小企業の従業員がセキュリティ対策を学習できるeラーニングサービス。2009年より公開しており、あわせてPDF版も用意されている。

情報の「保管について」「廃棄について」など25の学習テーマを用意。1テーマの学習時間は5分で、確認テストや学習完了後の修了証なども用意している。

今回公開した新版では、2016年11月に改訂された「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」の「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」に対応。また、「クラウドサービス」「スマートフォン」「ウェブサービス」などの6テーマをあらたにくわえるなど、学習テーマも見直した。

(Security NEXT - 2018/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
BBSec、ウェブサーバの負担抑えた脆弱性診断サービス
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「Cylance」がコンシューマー向け製品を投入
ウォッチガード、UTM向けに新版OS - Cylanceのマルウェア対策エンジンを採用
サーバ向けマルウェア対策製品「Sophos Intercept X for Server」 - ソフォス
プロキシログから攻撃を検出するイスラエル製ソリューション「SecBI」 - IWI
組織に潜伏するマルウェアを発見する新サービス - PwC-CS
石油産業における実在の攻撃を踏まえたボードゲーム形式の演習サービス
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携