Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、1テーマ5分の学習ツールに新版 - 「中小企業のセキュリティ対策ガイドライン」に対応

情報処理推進機構(IPA)は、中小企業を対象としたセキュリティ対策学習支援ツール「5分でできる! 情報セキュリティポイント学習」の新版を公開した。

同ツールは、中小企業の従業員がセキュリティ対策を学習できるeラーニングサービス。2009年より公開しており、あわせてPDF版も用意されている。

情報の「保管について」「廃棄について」など25の学習テーマを用意。1テーマの学習時間は5分で、確認テストや学習完了後の修了証なども用意している。

今回公開した新版では、2016年11月に改訂された「中小企業の情報セキュリティ対策ガイドライン」の「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」に対応。また、「クラウドサービス」「スマートフォン」「ウェブサービス」などの6テーマをあらたにくわえるなど、学習テーマも見直した。

(Security NEXT - 2018/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティエンジニア育成に特化した4年制専攻 - OCA大阪デザイン&IT専門学校
セキュリティ専門家のノウハウを機械学習、SOCに活用 - SBT
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
トレンド、「Deep Security」などに新版 - 500以上のルールでマルウェア見つける「検索機能」
受講者に則した演習環境を自動生成する「CYDERANGE」を開発 - NICT
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ
サイバーリーズン、EDRとマルウェア対策を統合したセキュリティプラットフォーム
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開