Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、特定文字でクラッシュする脆弱性をアップデートで修正

Appleは、Macやスマートデバイス向けにテキスト処理に起因する脆弱性を解消するアップデートをリリースした。

20180220_ap_001.jpg
アップデートをリリースしたApple

「macOS High Sierra 10.13.3 Supplemental Update」や「iOS 11.2.6」の提供を開始したもの。

いずれのアップデートも、テキスト処理に起因する脆弱性「CVE-2018-4124」を修正する。

特定のUNICODE文字を処理するとメモリ破壊が生じ、アプリケーションがクラッシュする。問題の文字コードを含んだツイートなど拡散させうようとするなど、脆弱性を悪用する動きも確認されていた。

Macに関しては、「macOS High Sierra 10.13.3」向けのアップデートのみとなっている。また同様の問題を解消するため「tvOS 11.2.6」「watchOS 4.2.3」もあわせてリリースした。

(Security NEXT - 2018/02/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力