Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ

Kaspersky Labでは、2017年初頭に脆弱性11件をGemaltoに報告。6月下旬に修正するパッチがリリースされたという。また6月26日に追加となる3件を通知し、7月21日にアップデートがリリースされた。

Gemaltoでは顧客に対し、アップデートの通知を実施したとしているが、Kaspersky Labでは、問題を把握しておらず、脆弱なバージョンを引き続き利用している開発者もいたことから、情報が十分に行き渡っていないとして脆弱性を公表したという。

製品の利用者数は明らかにされていないが、同システムは、産業用制御システムをはじめ、多くのベンダーがライセンス管理に採用している。

欧州で6割、北米で4割のシェアを持ち、数百万台規模に影響を及ぼす可能性があるとKaspersky Labは指摘。厳密に管理された重要なネットワークが危険にさらされるおそれがあるとしてアップデートを呼びかけている。

20180216_kl_001.jpg
明らかとなった脆弱性(図:Kaspersky Lab)

(Security NEXT - 2018/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
工場やビル向けネットワーク監視ソリューションを展開 - NRIセキュアとSCADAfence
情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
2018年4Q「JVN iPedia」登録は3560件 - OS関連が上位半数以上
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
オムロン製の制御システムソフト「CX-Supervisor」に5件の脆弱性
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに