Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Gemalto製ライセンス管理製品に複数脆弱性 - ドングル接続時にFWを開放、RCEのおそれ

産業用制御システムで広く利用されているGemaltoのライセンス管理システムに、複数の重大な脆弱性が存在することがわかった。脆弱性を発見したKaspersky Labが注意を呼びかけている。

USBトークンを用いてソフトウェアが正規のものであるか確認するライセンス管理システムに複数の脆弱性が判明したもの。「Sentinel HASP」「Sentinel HASP SRM」「Sentinel LDK」などが影響を受けるとされている。

Kaspersky Labによれば、USBトークンを最初に接続した際、ドライバがインストールされるが、一部で通知することなくWindowsファイアウォールの1947番ポートを開放。アクティベート完了後も開いたままとなり、リモートより同ポートに対して攻撃が可能になるという。

リモートによるコードを実行されるおそれがあるスタックオーバーフローの脆弱性「CVE-2017-11496」「CVE-2017-11497」をはじめ、サービス拒否、NTLMハッシュの取得、設定ファイルを使用したリモート操作など、脆弱性はあわせて14件にのぼる。

(Security NEXT - 2018/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
2018年4Q「JVN iPedia」登録は3560件 - OS関連が上位半数以上
車載システム向けにログ分析型攻撃検知技術 - 三菱電機
オムロン製の制御システムソフト「CX-Supervisor」に5件の脆弱性
工場生産ラインの制御システムを保護するソリューション - CEC
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
ACCESSとIrdeto、車載向けサービスのセキュリティ対策で協業
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに
「制御システムセキュリティカンファレンス 2019」が開催 - 船舶業界の取組も紹介
2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増