Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

北朝鮮関与のマルウェア「BADCALL」「HARDRAIN」が明らかに - Android向けRATも

マルウェアのひとつである「BADCALL」では、3件のファイルが確認された。そのうち2件は、32bit環境のWindows向けファイルで、プロキシーサーバとして動作。Windowsのファイアウォールを無効化し、TLSに見せかける通信を行うという。

1件はライブラリファイルであり、動作させるためには別途同ライブラリを読み込む別の実行ファイルが必要となるが、見つかっていないという。

のこる1件は、Android上でリモートアクセスツール(RAT)として動作する「APKファイル」だった。

同アプリは、侵入したシステムで外部からの命令を待ち、コマンドを実行する機能を搭載。通話の録音や、内蔵カメラを使用した撮影、連絡先の窃取、データのダウンロードおよびアップロード、接続可能な無線LANを探索する機能などを備えていた。

(Security NEXT - 2018/02/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

北朝鮮関与「HIDDEN COBRA」のツールに新亜種 - 米政府が情報公開
北朝鮮の攻撃グループ、「Bluetoothデバイス」情報を収集
北朝鮮のトネリングツール「ELECTRICFISH」が明らかに
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
中国「APT10」による国内メディア狙った標的型攻撃 - 外交問題関連ファイルを偽装
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
北朝鮮攻撃グループ、偽「仮想通貨取引ソフト」をばらまく攻撃か - 「macOS」をはじめて標的に
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
北朝鮮関与のあらたなマルウェア「KEYMARBLE」 - 米政府が注意喚起
米政府、北朝鮮政府関与のトロイの木馬「TYPEFRAME」を警告 - 米朝対話の裏で駆け引き