Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コインチェック、業務改善報告書を金融庁へ提出

仮想通貨の不正送金問題で金融庁より業務改善命令を受けていたコインチェックは、報告書を提出した。ただし、報告内容は明らかにされていない。

同社の仮想通貨取引所「Coincheck」が不正アクセスを受け、顧客から預かっていた仮想通貨「NEM」を不正送金される問題が発生したことから、金融庁では業務改善命令を出し、2月13日までに報告書の提出を求めていた。同庁では、今回の報告書提出前に異例とも言える立入検査を実施している。

同社では、提出した報告書について、事実関係や原因究明、顧客に対する適切な対応、経営管理態勢の強化と責任の所在の明確化、リスク管理体制の構築、再発防止策の策定などを盛り込んだと説明している。ただし、報告内容については公表していない。

2月13日より日本円の出金について再開し、11日15時までに申請があった約401億円について出金に応じたが、取引停止となっている他仮想通貨の送金開始時期や、「NEM」の不正送金被害に対する補償時期は明らかにされていない。

(Security NEXT - 2018/02/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
マルウェア画像のFAX送信で受信端末乗っ取る「Faxploit」 - 複合機踏み台にネットワーク攻撃のおそれも
仮想通貨の不正送金で利用者に全額補償 - Monappy
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
北朝鮮攻撃グループ、偽「仮想通貨取引ソフト」をばらまく攻撃か - 「macOS」をはじめて標的に
「Monappy」、ホットウォレット内の仮想通貨が盗難 - 高負荷時の不具合突かれる
対「Struts 2」の脆弱性攻撃が発生、目的はマイニング - さらなる悪用増加に要警戒
「機密扱いで頼む」との社長メール、実は詐欺 - 日本語「BEC」見つかる
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに