Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リソース消費量が多いAndroidアプリ - GoogleやSamsungが上位に

Avastは、スマートフォンのリソースを消費してパフォーマンスを低下させるAndroidアプリのランキングを発表した。GoogleやSamsungのアプリが上位に入ったという。

同レポートは、バッテリー寿命、ストレージ容量、データ通信量への影響を総合的に判断し、多くのリソースを消費するアプリをランキング形式で取りまとめたもの。同社のAndroid向けアプリのユーザー300万人以上を対象に収集した匿名データをもとに分析した。

2017年第3四半期のランキングで、起動時に実行されてバックグラウンドで動作するアプリのワースト1位は「AllShare」。2位は「ChatON Voice&Video Chat」で、いずれもSamsung製のアプリだった。

また、3位の「Google Play Music」をはじめ、5位、6位、7位、9位、10位がGoogle製アプリ。上位10種のうち6種を占めた。

ユーザーが実行した際にパフォーマンスを低下させるアプリでは、Samsungの「WatchON」がワースト1位だった。2位はGoogleの「Googleドキュメント」。また、「LINE」が9位に入っている。

Avastがまとめたランキングは以下のとおり。

起動時に実行され、パフォーマンスを低下させるアプリ

1位:AllShare(Samsung)
2位:ChatON Voice&Video Chat(Samsung)
3位:Play Music(Google)
4位:Push Service(Samsung)
5位:TalkBack(Google)
6位:Google Maps(Google)
7位:Play Newsstand(Google)
8位:ChatON(Samsung)
9位:Google+(Google)
10位:Quick Search Box(Google)

ユーザーが実行している、パフォーマンスを低下させるアプリ

1位:WatchON(Samsung)
2位:Google ドキュメント(Google)
3位:Beaming Service for Samsung(Mobeam)
4位:SHAREit(SHAREit)
5位:Flipboard(Flipboard)
6位:テキスト読み上げ(Google)
7位:Clean Master(Cheetah Mobile)
8位:Super-Bright LED Torch(Surpax)
9位:LINE(LINE)
10位:Adobe Acrobat Reader(Adobe)

(Security NEXT - 2018/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2017年の国内IoTセキュリティ製品市場は624億円、前年比20.5%増
若年層6割強がセキュリティ対策ソフト未使用 - 4割弱がPW使い回し
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
2018年3Qの脆弱性届出は177件 - ソフトとサイトいずれも増加
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
ネットユーザーの6割弱がバックアップ未実施 - 復旧予算は5000円以下が8割
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加