Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県

長野県の県立高校において、生徒の個人情報が保存されたUSBメモリの紛失が発生した。

同県によれば、2017年12月15日に教諭が自宅へUSBメモリを持ち帰り、帰宅後に紛失が判明したもの。

問題のUSBメモリには、教諭が担任している生徒の氏名や書類の提出状況などのほか、生徒数人分の家庭状況などが記載された職員会議資料、前任校における生徒指導の資料、保護者宛ての通知や試験問題などが保存されていた。

紛失の判明後、捜索を行ったが発見できず、1月26日に学校へ報告。2月2日に関連する生徒およびその保護者へ説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2018/02/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社
高校生徒の写真含むUSBメモリが所在不明に - 大阪府
学生情報含む教員の私有USBメモリが所在不明に - 大阪工業大
小学校児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 川崎市
手術患者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 青梅市立総合病院
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
医療機関の患者情報含むUSBメモリを紛失 - エンパワーヘルスケア
入試出願者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 静岡県立大