Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、ブラウザ同梱版「Flash Player」向けに定例外更新

マイクロソフトは、「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリースされたことを受け、Windowsにおいて定例外のセキュリティ更新を公開した。

同社ブラウザ「Internet Explorer」や「Microsoft Edge」に同梱される「Adobe Flash Player」のアップデートを実施したもの。深刻度はいずれのプラットフォームにおいても「緊急」とされている。

「Adobe Flash Player」に関しては、2件の脆弱性「CVE-2018-4877」「CVE-2018-4878」が明らかになっており、後者に関しては、ゼロデイ攻撃で悪用されていることが判明している。

(Security NEXT - 2018/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティリリース「PHP 7.0.30」「同7.2.5」が公開
「Joruri Gw」に任意のファイルをアップロードされる脆弱性
「Drupal」に「Drupalgeddon 2.0」とは別の脆弱性、更新が公開 - 早くも悪用を観測
Drupal、悪用リスク高い脆弱性を再度修正予定
PDFビューワ「Foxit Reader 9.1」がリリース - 複数RCE脆弱性を修正
Apple、Mac向けに「Security Update 2018-001」をリリース
「iOS 11.3.1」でUI偽装など脆弱性4件を修正 - Apple
「Drupal」脆弱性で感染を拡大するボット「Muhstik」見つかる
Google、「Windows 10」のゼロデイ脆弱性を公開 - セキュリティ機能をバイパス
IEに未修正の脆弱性、APT攻撃に悪用との指摘