Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社

あしすと阪急阪神は、個人情報含む業務データを保存したUSBメモリを、従業員が紛失したことを明らかにした。

同社によれば、従業員が自宅で作業するために業務用パソコンから業務データを無断で私物のUSBメモリにコピーし、その後紛失していたことが判明したもの。従業員が2月2日に外出先から戻った際、スボンのポケットに入れたはずのUSBメモリがなくなっていることに気付いたという。

所在がわからくなっているUSBメモリには、氏名や住所、電話番号など含むプレゼントの当選者リストや、氏名や住所、電話番号のほか学校名や年齢、メールアドレスなど含むコンテスト応募者のリストなど、822件の顧客情報が保存されていた。

そのほか、グループ会社や団体の従業員の氏名、住所、電話番号など7128件を含めると、あわせて9184件の個人情報が保存されていた。

同社では、対象者への報告と謝罪を進めている。また警察へ紛失を届けるととおに、個人情報保護委員会へ報告書を提出した。

(Security NEXT - 2018/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

COP24会場でUSBメモリとPCが盗難か、PW記載した書類も - 環境省
学生情報含むUSBメモリが所在不明 - 札幌学院大
造血幹細胞移植患者などの個人情報紛失 - 秋田大病院
個人情報含む私物USBメモリ紛失で中学教諭を懲戒処分 - さいたま市教委
国保加入者情報入りUSBメモリが3月以降所在不明 - 所沢市
小学校で児童の個人情報含む私用USBメモリを紛失 - 尼崎市
海外研修で引率教諭が鞄置き忘れ、個人情報紛失 - 立命館宇治中高
患者情報9000件含むUSBメモリが所在不明 - 富山市民病院
教諭が生徒情報含むUSBメモリをリュックごと紛失 - 千葉市
中学校生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 横浜市