Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

KDDIとラック、セキュリティソリューション扱う合弁会社を設立

KDDIとラックは、セキュリティソリューションを提供する合弁会社「KDDIデジタルセキュリティ」を設立する。

クラウドやIoTなど、市場におけるセキュリティ対策の需要増加を見込み、セキュリティソリューションを扱う合弁会社を設立するもの。資本金は2億5000万円で株式はKDDIが51%、ラックが49%を保有する。

新会社は2月中に設立され、4月より事業を開始する予定。同社では、KDDIが展開するauブランドのもと、KDDIのネットワークやIoTプラットフォームと、ラックのセキュリティサービスを組み合わせ、ワンストップでソリューションを展開していく。

(Security NEXT - 2018/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

情報セキュリティ文化賞の受賞者5名を発表 - 情セ大
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
NTTコムとFFRI、高度セキュリティ人材の育成で新会社
BlackBerry、14億米ドルでCylanceを買収 - エンドポイントや車載向け製品などを強化
「M3AAWG」の国内リージョン「JPAAWG」が発足 - メールやメッセージングのセキュリティを検討
デンソーとNRIセキュア、自動車向けセキュリティ対策で合弁会社
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
電通テック、パーソナルデータの管理と活用で新会社
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
「日ASEANサイバーセキュリティ能力構築センター」をタイに設立 - 各国関係者が「CYDER」受講