Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず

暗号技術の利用シーンについて聞いたところ、「インターネット通信の暗号化(SSLやVPN)」が65.6%でもっとも高く、「電子メールの暗号化(50.8%)」「ファイルの暗号化(39.4%)」「PC、タブレット、スマートフォンの暗号化(30.5%)」と続く。また16.5%は、「暗号技術は利用していない」と回答した。

システム関連製品の選定、導入時の暗号技術に関する基準について、「暗号技術の利用、適用に関する基準がある」と答えた企業は23.1%。また、システム関連製品の開発時の暗号技術に関する基準では、「暗号技術の利用、適用に関する基準がある」は17.9%だった。

システム関連製品を選定、導入する際の暗号技術に関する課題について聞いたところ、「導入、維持管理コストが高い」が37.5%でもっとも高い。

そのほか「どの製品が安全で導入してよいものかわからない」との回答が23.5%。「正しくかつセキュアな暗号処理が行われているか確信が持てない」が22.5%と目立っている。

(Security NEXT - 2018/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
「SECURITY ACTION」宣言事業者の課題は? - 意識の低さや人材不足などに課題
フィッシングが増加、報告数が8カ月ぶりに2000件超 - サイトの約半数はHTTPS対応
IoTセキュリティ、9割が「顧客のために重要」 -脅威をすべて検出できる約3割
2018年度上半期の標的型攻撃相談155件 - 添付ファイル暗号化、PW別送の手口に注意
暗号化の動機、「知的財産の保護」が6割 - 脅威は「従業員のミス」が最多
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
ワールドカップ開催都市の公衆無線LAN、一部信頼性に疑問符
情報漏洩対策製品の国内市場、2017年は前年比2%増
なくならない「WannaCrypt」の検出 - 国内で少なくとも1900台が脆弱性を放置か