Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

TCP 52869番ポートへのパケット - 「Mirai」亜種による感染活動の可能性

2017年第4四半期は、脆弱性の探索が目的と見られる「TCP 52869番ポート」へのアクセスが観測された。脆弱性が悪用され、「Mirai」の亜種に感染したものと見られる動きも報告されている。

20180129_jp_001.jpg
アクセスが多い上位5ポート(表:JPCERT/CC)

同四半期にJPCERTコーディネーションセンターが設置するセンサーにより観測したパケットの状況を取りまとめたもの。

同センターによれば、2017年第4四半期は前四半期と変わらず、「telnet」で利用する「TCP 23番ポート」に対するパケットが最多だった。SSHで使用する「TCP 22番ポート」に対するパケットが次に多い。

さらに「Windows」のファイル共有プロトコル「SMB」で使われる「TCP 445番ポート」、「Windows SQLServer」で使われる「TCP 1433番ポート」と続く。前四半期から、順位の大きな変動は見られなかった。

(Security NEXT - 2018/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年1Qの重要インシデント、前四半期から2割減
2018年2Q、TCP 80番ポート宛てのパケットが増加 - 「Mirai」影響で
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
複数ポートで「Mirai」のアクセス増を観測 - ブロックチェーン「EOS」の秘密鍵狙う動きも
2017年4Qの新種マルウェア、6336万件で過去最悪 - ランサムも大幅増加
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
ネット接続された脆弱な重要インフラIoT機器が150件 - 4分の3は連絡つかず
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答