Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了

さらに日本特有の事情も重なる。サポートの終了を迎える2020年は、おりしも東京オリンピック・パラリンピックの開催年であり、特に日本を狙ったサイバー攻撃の増加が懸念されている。

短期間であっても脆弱性への対策を怠ったサポート終了OSを引き続き利用すれば、思わぬ被害に発展する可能性もある。

情報処理推進機構(IPA)によれば、2017年の1年間に脆弱性データベース「JVN iPedia」へ登録された脆弱性は、「Windows 7」において231件、「Windows Server 2008」では242件にのぼった。

共通脆弱性評価システム「CVSS v2」による脆弱性の評価を見ると、これら脆弱性のうち26%が3段階中もっとも高い「危険」とレーティングされており、続く「警告」とあわせると64%に達する。今後も多くの脆弱性が発見されることが予測され、サポート終了までに脆弱性が出尽くすことも考えにくい。

20180126_ip_004.jpg
2017年に見つかった脆弱性および深刻度の内訳(グラフ:IPA)

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「LLVM」の「Armバックエンド」でスタック保護が機能せず
「Drupal 8.7.4」に脆弱性 - 手動作業ともなう更新必要
「Windows Defenderアプリ制御」に脆弱性 - 定例外アップデートをリリース
Oracle、四半期ごとの定例パッチを公開 - 脆弱性319件に対処
DNSサーバ「Knot Resolver」に複数脆弱性 - 更新がリリース
Atlassian製PMツール「Jira Server」に深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
「Chrome 75.0.3770.142」がリリース、脆弱性2件に対処
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
Mac向けZoom製ウェブ会議ソフトに脆弱性 - ウェブ閲覧でカメラ起動
Juniper、「Junos OS」など複数製品向けにセキュリティアップデート