Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供

NRIセキュアテクノロジーズは、「CrowdStrike Falcon」に対応した「マネージドEDRサービス」を4月1日より提供開始する。

同サービスは、米CrowdStrikeのエンドポイントセキュリティ対策製品「CrowdStrike Falcon」向けのマネージドサービス。24時間体制でSIEMによるエンドポイントの監視と分析を実施する。

また一時的に検知を逃れた潜在的な脅威に対しても能動的に洗い出しを行うほか、インシデント対応などを支援する。

同社では、同サービスの提供に先駆け、「CrowdStrike Falcon」の取り扱いを開始。製品の販売とともに、マネージドサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
ESET、日本法人をキヤノンITSと設立 - 2019年にはEDRやサンドボックスなど投入
2017年度のEDR運用サービス市場は3.5億円 - 2022年には50億円規模に
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供