Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供

NRIセキュアテクノロジーズは、「CrowdStrike Falcon」に対応した「マネージドEDRサービス」を4月1日より提供開始する。

同サービスは、米CrowdStrikeのエンドポイントセキュリティ対策製品「CrowdStrike Falcon」向けのマネージドサービス。24時間体制でSIEMによるエンドポイントの監視と分析を実施する。

また一時的に検知を逃れた潜在的な脅威に対しても能動的に洗い出しを行うほか、インシデント対応などを支援する。

同社では、同サービスの提供に先駆け、「CrowdStrike Falcon」の取り扱いを開始。製品の販売とともに、マネージドサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MS、2020年最初の月例パッチを公開 - 脆弱性49件を修正
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
「BlueKeep」など既知RDP脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ適用の徹底を
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
クラウドセキュ市場、今後5年で2.4倍に
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス
MSSにインシデント初期対応支援を追加 - テクマトリックス
2019年1Q、フィッシングが17%増 - 3割がMS偽装
【特別企画】EDRでも把握できない「異常」を可視化するソリューションを検証