Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年4Qの脆弱性登録は3719件 - 「Android」が最多、「tcpdump」も上位に

情報処理推進機構(IPA)は、2017年第4四半期における脆弱性データベース「JVN iPedia」の登録状況を取りまとめた。あらたに3719件が登録され、累計件数は7万8410件となった。

20180126_ip_001.jpg
2017年第4四半期の登録状況(表:IPA)

「JVN iPedia」は、国内のソフトウェア開発者が公表した脆弱性情報をはじめ、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」の公開情報や米国立標準技術研究所(NIST)による脆弱性データベース「NVD」の公開情報を収録するデータベース。2007年4月より公開されている。

2017年第4四半期にあらたに登録された脆弱性情報は3719件。前四半期の3695件を上回った。内訳は、国内製品開発者による登録情報が10件、「JVN」の掲載情報が213件、「NVD」の情報が3496件。

登録開始からの累計登録件数は7万8410件。英語版には39件の登録があり、累計1836件となった。

登録された脆弱性の種類を見ると、これまでの傾向と変わらず「バッファエラー」が715件で最多だった。次いで「クロスサイトスクリプティング(398件)」「情報漏洩(371件)」「認可、権限、アクセス制御(299件)」「不適切なアクセス制御(253件)」と続く。

製品別では、「Android」が254件で最多。次いでLinuxの「Debian」が95件、パケットキャプチャの「tcpdump」が88件で続いた。上位20製品のうち8製品がOSで、PDFの閲覧、編集ソフトが4製品入っている。

また、同四半期に登録された産業制御システム関連の脆弱性情報は73件。累計登録件数は1263件となった。

20180126_ip_002.jpg
脆弱性情報が登録された上位20製品(表:IPA)

(Security NEXT - 2018/01/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開