Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、「macOS High Sierra 10.13.3」などMac向けにセキュリティアップデート

Appleは、Mac向けに複数の脆弱性を解消するアップデートをリリースした。

「macOS High Sierra 10.13.3」「Security Update 2018-001 Sierra」「Security Update 2018-001 El Capitan」を提供開始したもの。これらアップデートを通じてあわせて17件の脆弱性に対処した。

カーネルに関する脆弱性6件や「WebKit」に関する脆弱性3件のほか、Wi-FiやBluetooth、証明書の処理、サンドボックス、音声処理、curlなどの脆弱性に対応したという。

また同社は、最新ブラウザとなる「Safari 11.0.3」をあわせてリリースしている。今回修正した脆弱性は以下のとおり。

CVE-2017-5754
CVE-2017-8817
CVE-2018-4082
CVE-2018-4084
CVE-2018-4085
CVE-2018-4086
CVE-2018-4088
CVE-2018-4089
CVE-2018-4090
CVE-2018-4091
CVE-2018-4092
CVE-2018-4093
CVE-2018-4094
CVE-2018-4096
CVE-2018-4097
CVE-2018-4098
CVE-2018-4100

(Security NEXT - 2018/01/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Webmin」のソースコード改ざんで脆弱性、攻撃コード公開 - アクセス増加の観測も
「Smart TV Box」に脆弱性 - LANポートよりADBにアクセス可能
「Cisco UCS Director」など複数Cisco製品に深刻な脆弱性
「HTTP/2」の実装に複数脆弱性 - DoS攻撃手法が明らかに
「Bluetooth」に暗号化強度下げる「KNOB攻撃」が判明
「Apache Tomcat 9.0.24」が公開 - 「HTTP/2」向けに保護機能
「Apache HTTPD 2.4.41」がリリース - 「HTTP/2」関連など脆弱性6件を修正
スイッチ「Cisco Small Business 220」に複数の深刻な脆弱性
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
「Firefox」にマスターパスワード認証が回避されるおそれ - アップデートを実施