Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「ランサムウェア」被害、低水準ながら依然発生中

2017年第4四半期は、ピークを迎えた第2四半期と比較すると低い水準ではあるものの、引き続き「ランサムウェア」に関する被害が確認されている。

情報処理推進機構(IPA)が、2017年第4四半期に寄せられた相談状況などを取りまとめたもの。相談件数は2363件で、前四半期の2336件から1.2%増となった。

「ワンクリック請求」に関する相談は、前四半期の23%減となる234件。そのうちスマートフォンに関する相談は52件で、前四半期から32.5%と大きく減少している。

「ウイルスを検出した」などと偽警告でユーザーの不安を煽り、電話をかけさせて製品の購入やサポート契約に誘導する「ウイルス検出の偽警告」に関する相談についても前四半期から18.5%減となり、233件だった。

(Security NEXT - 2018/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
Androidマルウェア、検知数が 前年比約1.7倍に - 新種ランサムは9分の1
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」
ウェブ経由の検知、「Trojan.JS.Redirector」が半数超 - 改ざん被害の多くでWP利用
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に