Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら

富士ソフトは、「Windows」および「Office」の移行に関する相談を受け付ける「富士ソフト Windows 10/Office 365 移行支援センター」を開設した。

2020年1月に「Windows 7」、同年10月の「Microsoft Office 2010」のサポートが終了となることを受け、日本マイクロソフトとの連携のもと相談窓口を設置。最新OS「Windows 10」や「Office 365」への移行を促進するのが狙い。

「お客様相談窓口」を開設するほか、実機を用いた「Microsoft 365」の体感サービスや、検証用のWindows 10端末をレンタルするサービスを提供。現行システムに対する脆弱性診断や、ライセンスの最適化サービス、導入検証サービスなどを展開していく。

お詫びと訂正:本記事初出時のタイトルに誤りがあり、修正いたしました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2018/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脆弱性緩和ツール「EMET」、サポート終了まで6カ月切る
「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了
少なくとも30万台以上でサポート終了の「Office 2007」が稼働
10月にサポート終了したはずの「Office 2007」にもアップデート
サポート終了直前「Office 2007」、9月末時点で8.6%が利用
「Office 2007」サポート終了まで3カ月 - 「Office for Mac 2011」もEOLへ
「Adobe Flash Player」のセキュリティアップデートがリリース - 深刻な脆弱性へ対応
ショートカットファイルの表示だけでコード実行される脆弱性 - 旧OS含め更新など対策を
2020年末に「Flash」のサポート終了 - Adobeが表明
「Windows Phone 8.1」など複数MS製品がサポート終了