Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2020年の「Windows 7」「Office 2010」のサポート終了視野に移行支援を展開 - 富士ソフトら

富士ソフトは、「Windows」および「Office」の移行に関する相談を受け付ける「富士ソフト Windows 10/Office 365 移行支援センター」を開設した。

2020年1月に「Windows 7」、同年10月の「Microsoft Office 2010」のサポートが終了となることを受け、日本マイクロソフトとの連携のもと相談窓口を設置。最新OS「Windows 10」や「Office 365」への移行を促進するのが狙い。

「お客様相談窓口」を開設するほか、実機を用いた「Microsoft 365」の体感サービスや、検証用のWindows 10端末をレンタルするサービスを提供。現行システムに対する脆弱性診断や、ライセンスの最適化サービス、導入検証サービスなどを展開していく。

お詫びと訂正:本記事初出時のタイトルに誤りがあり、修正いたしました。ご迷惑をおかけした読者、関係者のみなさまにお詫びし、訂正いたします。

(Security NEXT - 2018/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計
「Windows 7」「WS 2008」向けに移行支援策 - 月額モデルやデータアップロード支援など
「Windows 7」「WS 2008」脆弱性の約3割が「危険」レベル - 「Office 2010」は8割超
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
MS、EOL迎える53万台超の「WS 2008」を1年半後には「ゼロ」目指す - Azure再ホストなら3年間パッチ無料
2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
脆弱性緩和ツール「EMET」、2018年7月31日にサポート終了予定
脆弱性検査ツール「Metasploit Express」、2019年6月にサポートが終了