Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータでランサムウェア感染 - 被害拡大なく、すでに対処済み

NTTデータは、同社システムにランサムウェアが感染したことを明らかにした。すでに対処を終えているとしている。

同社によれば、1月5日に社内システムがランサムウェアに感染したもの。同問題を受けて同社では、専門チームにより感染状況を把握。感染の拡大防止策を実施しつつ駆除を進め、同月22日までに完全に駆除を完了し、対策を終えたという。

今回感染が確認されたランサムウェアについて、同社はインターネット経由で拡大する性質はなく、暗号化や情報漏洩などの機能も含まれていないと説明。同社ウェブサイトの閲覧や、同社から送信されたメール経由でランサムウェアに感染するおそれもないとしている。

(Security NEXT - 2018/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ランサム「GandCrab」提供者が引退、キー削除か - ベンダーが最新の復号化ツール
メール管理システムがランサムウェア感染 - 神大
脆弱性で感染広げるボットネット「Muhstik」 - 「WebLogic」を標的に
「WebLogic」の脆弱性、ランサムウェアの標的に
GWに備えて対策を - 脆弱性や改元対応、BECへの警戒も
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
ブラウザの更新通知を偽装する攻撃 - 1700以上の正規サイトに不正スクリプト
恥ずかし画像で不安煽る詐欺メール、送信元を情セ大に偽装
恥ずかし画像詐欺とランサム攻撃が融合 - 「証拠動画」のリンクにワナ
米政府、「SamSam」関係者を起訴 - 攻撃前にダークウェブで資格情報を調達