Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTデータでランサムウェア感染 - 被害拡大なく、すでに対処済み

NTTデータは、同社システムにランサムウェアが感染したことを明らかにした。すでに対処を終えているとしている。

同社によれば、1月5日に社内システムがランサムウェアに感染したもの。同問題を受けて同社では、専門チームにより感染状況を把握。感染の拡大防止策を実施しつつ駆除を進め、同月22日までに完全に駆除を完了し、対策を終えたという。

今回感染が確認されたランサムウェアについて、同社はインターネット経由で拡大する性質はなく、暗号化や情報漏洩などの機能も含まれていないと説明。同社ウェブサイトの閲覧や、同社から送信されたメール経由でランサムウェアに感染するおそれもないとしている。

(Security NEXT - 2018/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
播磨町教委の「校務支援システム」に不正アクセス - ランサム感染か
中部大でランサムウェア被害 - 不正ログイン後にインストールか
「memcached」のDDoSパケット内に仮想通貨要求する脅迫文
宮城県関連サイトが改ざん、ランサム脅迫文が表示 - 閲覧者への被害は確認されず
サーバに不正アクセス、ランサムウェア設置は回避 - 日本不動産鑑定士協会連合会
偽の仮想通貨「SpriteCoin」で忍び寄るランサムウェア - 収益性高いと吹聴
ランサムウェアに感染、サイト改ざん被害も - 新潟大医歯学総合病院
インシデントでCISOをクビにすることは悪手 - イスラエル国家サイバー局ディレクター
「Bad Rabbit」の踏み台被害、対応に1カ月弱 - アイカ工業がサイト再開