Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

受験許可証を異なる受験者へメール送信、システム設定ミスで - 英検

日本英語検定協会は、一部の受験許可証を本人とは異なる別の受験者へメールで送信したことを明らかにした。

同協会によれば、1月19日にメールで送信した2017年度第3回実用英語技能検定の受験許可証359件のうち、162件を誤った宛先へ送信したもの。受信した受験者からの連絡で問題が発覚した。

受験許可証の送信にあたっては、データの抽出や受験許可証の作成、送信などの作業を専用ツールで行っているが、送信前に処理容量を増やすために運用プロセスを変更したところ設定に問題があり、申請者と異なる一部の受験許可証が添付された状態で送信されたという。

同協会では、設定を修正。受験許可証が誤った宛先へ送られた受験者に対し、報告と謝罪を行った。また誤った受験許可証が届いた受験者には、正しい受験許可証を送るとともに、誤った受験許可証の削除を依頼している。

(Security NEXT - 2018/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

委託先がイベント中止メールを誤送信 - 桑名市
研修案内メールの誤送信で介護施設のメアド流出 - 大阪府
顧客向け案内メールに顧客リストを誤添付 - ボルボ
テストメールで誤送信、生徒保護者のメアド流出 - 郡山市
メール誤送信、発覚おそれて職員が関連メールを削除 - 川崎市
がん患者情報を誤送信、煩雑となり個人情報記載 - 横浜市立大病院
ビリヤード大会のエントリー締切メールで誤送信
職員が住民の携帯番号を私的流用、LINEスタンプ送信 - 大阪市
個人情報記載済みの申込書をメールに誤添付 - 鎌倉市
顧客宛てメールに顧客情報ファイルを誤添付 - リゾートトラスト