Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「MUFGカード」利用者を狙うフィッシング - 複数の文面用いて攻撃

「MUFGカード」の利用者を狙ったフィッシング攻撃が発生しているとして、フィッシング対策協議会が注意喚起を行った。

20180122_ap_001.jpg

今回の攻撃では、フィッシング攻撃メールに少なくとも2種類の文面が用いられており、誘導先として、8種類のURLが確認されている。

文面のひとつは、第三者によるアクセスを確認したことからIDを暫定的に変更したなどとだます手口。

また別の手口では、アカウントの確認を装っていた。いずれも誘導先のサイトでクレジットカード番号や有効期限、セキュリティコードなどを入力させようと試みる。

同協議会によれば、1月22日の時点で稼働が確認されており、閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。また、類似した攻撃に注意を促すとともに、情報提供を呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PINコード設定求める偽MSメールに注意 - サイトは使い回し
トヨタ紡織の欧州子会社で最大40億円の詐欺被害 - 虚偽の入金指示で
LINEのフィッシング報告が増加 - URL変化させながら次々と
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
「キャリア決済」狙うスミッシング - 2段階認証設定でも被害が
「Officeプロダクトキーが異常な状態」とだます偽MS - 「修復作業」の演出も
フィッシング報告、5000件超で過去最多 - URL件数も高水準
日本郵便の不在通知装うスミッシング再び - iPhoneもターゲット
7割がセキュリティ予算不足 - 最新技術の導入足かせに
「地下鉄カードの現金返還キャンペーン」装うフィッシング - 情報詐取やマルウェア感染狙う