Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、法人向けエンドポイント製品を拡充 - 3製品を投入

エフセキュアは、法人向けエンドポイントセキュリティ製品「エフセキュアプロテクションサービスビジネス」のラインナップを拡充し、あらたに3製品を提供開始した。

「PSB Computer Protection Premium(Windows版)」は、パソコン向けのサイバーセキュリティ対策製品。振る舞い検知とアクセスコントロールにより、ランサムウェアからデータを保護する「DataGuard」をあらたに搭載した。価格は1ユーザーライセンスあたり年額6739円から。

「PSB Password Protection」は、パスワードの作成や管理を支援するツール。1つのマスターパスワードで、ウェブサイトやアプリケーションのログイン情報を管理できる。価格は1ユーザーライセンスあたり年額1944円から。最大5デバイスまでインストール可能。

「End Point Bundle」は、「PSB Computer Protection」「PSB Password Protection」および「PSB Freedome for Business」のエンドポイント向けセキュリティ対策3製品を組みあわせたバンドル製品。価格は1ユーザーライセンスあたり年額9720円から。

(Security NEXT - 2018/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - カスペルスキー
アラートのトリアージを支援する「McAfee Investigator」を実証実験 - マカフィー
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
シマンテック、「WSS」にアイソレーション機能 - SEPとの統合も可能に
ジュニパーとカーボンブラック、連携ソリューションを展開
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
カスペ、インフラをロシアからスイスへ - ユーザー提供の脅威データや製造工程も