Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

エフセキュア、法人向けエンドポイント製品を拡充 - 3製品を投入

エフセキュアは、法人向けエンドポイントセキュリティ製品「エフセキュアプロテクションサービスビジネス」のラインナップを拡充し、あらたに3製品を提供開始した。

「PSB Computer Protection Premium(Windows版)」は、パソコン向けのサイバーセキュリティ対策製品。振る舞い検知とアクセスコントロールにより、ランサムウェアからデータを保護する「DataGuard」をあらたに搭載した。価格は1ユーザーライセンスあたり年額6739円から。

「PSB Password Protection」は、パスワードの作成や管理を支援するツール。1つのマスターパスワードで、ウェブサイトやアプリケーションのログイン情報を管理できる。価格は1ユーザーライセンスあたり年額1944円から。最大5デバイスまでインストール可能。

「End Point Bundle」は、「PSB Computer Protection」「PSB Password Protection」および「PSB Freedome for Business」のエンドポイント向けセキュリティ対策3製品を組みあわせたバンドル製品。価格は1ユーザーライセンスあたり年額9720円から。

(Security NEXT - 2018/01/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通、セキュリティサービスを拡充 - ダークウェブの脅威情報分析など
MS、IoTやクラウドのセキュリティを強化 - 疑似攻撃による対応テスト機能も
ラテラルムーブメントなど普段と異なる行動を検出する新製品 - マカフィー
「FFRI yarai」にハッシュ値による脅威検索機能 - アドオンで追加予定
パロアルト、エンドポイントのプロファイル化で脅威検出するソリューション
NTTテクノクロス、Carbon Blackベースの「TrustShelter/EPP」を提供
ファイア・アイ、アカデミックパッケージを刷新 - 全製品を対象に
「FFRI yarai」に新版 - マルチテナント対応の管理コンソールを追加
定義ファイル非依存のエンドポイント向け製品に新版 - ソフォス
NRIセキュア、CrowdStrike向けに「マネージドEDRサービス」を提供