Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年3Qの新種マルウェア、10%増となる5760万件 - マカフィーまとめ

マカフィーは、2017年第3四半期にあらたなマルウェアとして前四半期から10%増となる5760万件を検知した。同社において過去最高件数だという。

20180123_ma_001.jpg
新種マルウェアの推移(グラフ:マカフィー)

同社によれば、5760万件の新種マルウェアを検知した。前四半期から10%増加し、四半期に検知された件数としては過去最高。

1秒間あたり、7.2件のあらたなマルウェアを検知したことになる。

2000万件台前半と一時減少を見せた2016年第4四半期と比較すると、1年も待たずに2倍以上へと大幅に拡大している。2四半期連続で5000万件の大台を上回っており、まもなく6000万件に手が届きそうな勢いだ。

あらたなランサムウェアは、前四半期から36%増加して150万件。2016年第4四半期以降、増加傾向が続いている。ランサムウェアの総数は1230万件。直近1年間で44%増加した。

(Security NEXT - 2018/01/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年2Q、標的型メール攻撃75件 - 約7割がプラント関連
DDoS攻撃の踏み台、国内に少なくとも20万弱 - ボットは962件
2019年2Qは「フィッシング」「マルウェアサイト」が増加
Wi-Fi対応ストレージ製品の脆弱性狙うアクセス増 - 国内IPアドレスからも
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
ログイン可能機器、約9000万IPアドレスで147件 - 「NOTICE」調査結果
過去1年に企業の14.2%が被害を経験 - 8%がランサム被害
不正モバイルアプリ、1Qは減少 - ただし不正送金アプリは増加傾向
脆弱な「phpMyAdmin」の探索行為を多数観測 - IIJ
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き