Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年4Q、インシデント微減するも制御システム関連の増加目立つ

20180118_jp_001.jpg
カテゴリごとのインシデント件数(表:JPCERT/CC)

インシデントの内訳を見ると、「スキャン」が1979件で前四半期の2554件から減少。次いで多かった「フィッシングサイト」も、前四半期から16%減となる852件だった。

一方で「ウェブサイト改ざん」は276件となり、前四半期の254件を上回った。「マルウェアサイト」は88件で、前四半期の98件から減少している。

高い増加率を示したのが「制御システム関連」で、前四半期の13件から33件へと増加した。「標的型攻撃」についても前四半期の7件から9件に増加した。

(Security NEXT - 2018/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

全社的なインシデント対応計画がない企業が8割弱 - IBM調査
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
2割強の企業が過去1年間にPCやスマホ紛失を経験
パブクラのセキュリティ脅威、6割超が「設定ミス」挙げる
中堅企業「情シス」、4割弱が1人以下 - 前年から7ポイント増
前四半期からインシデント件数が3割増 - 「スキャン」や「フィッシング」など
構成員10人以上が6割超、システム停止権限持つ組織は1割強 - CSIRT実態調査
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
16.5%の企業がCSIRT設置 - 1001名以上では4割
定義ファイル非依存の標的型攻撃対策製品市場、前年比29.9%増 - 今後も高成長との予測