Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

手術患者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 青梅市立総合病院

青梅市立総合病院は、手術を受けた患者の個人情報が保存されたUSBメモリを、医師が自宅へ持ち帰った際に紛失したことを明らかにした。

同院によれば、1月5日に医師がこれまでに執刀した手術の症例をまとめるため、データを保存したUSBメモリを持ち帰った際、紛失したという。

問題のUSBメモリには、2014年1月から2017年12月までに心臓血管外科で手術を受けた患者のべ333人分の氏名や手術日、術者、病名、術式、転帰などの個人情報が保存されていた。

医師が帰宅後に作業を行おうとしたところ、鞄の中にUSBメモリが見当たらないことに気付いた。自宅や院内など捜索したものの発見できず、同月9日に病院長や警察へ届けた。

今回の問題を受け、同院では対象となる患者に対し報告と謝罪の書面を送付している。

(Security NEXT - 2018/01/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県
高校で個人情報含むUSBメモリが所在不明、相談スペース利用状況なども - 大阪府
患者情報が盗難被害、勉強会帰りの寄り道で - 名大病院
高校で生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 長野県
顧客や従業員の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 阪急阪神HD子会社
高校生徒の写真含むUSBメモリが所在不明に - 大阪府
学生情報含む教員の私有USBメモリが所在不明に - 大阪工業大
小学校児童の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 川崎市
教員が学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 明星大
市内全世帯主の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 津久見市