Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Intel AMT」のパスワードは大半が「admin」、端末乗っ取りのおそれ - 研究者が指摘

短時間の物理的なアクセスが可能であれば、「Intel AMT」に対応した端末で「BIOS」や「Bitlocker」「ログイン」による認証などを回避され、システムを乗っ取られるおそれがあるとの問題が指摘されている。

F-Secureのセキュリティ研究者が、「Intel vProプラットフォーム」に対応したプロセッサに搭載されるリモート管理機能「Intel AMT(Active Management Technology)」におけるパスワード運用上の問題について指摘したもの。

同社によれば、対応端末を利用する組織の多くが、「Intel AMT」の「Intel Management Engine BIOS Extension(MEBx)」においてパスワードを変更しておらず、デフォルトである「admin」のまま運用しているという。

最初の攻撃には物理的なアクセスが必要なものの、コードの書き換えなどは不要。対象となる端末を攻撃者が起動、または再起動するだけで容易に端末を乗っ取ることができると指摘している。

(Security NEXT - 2018/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

北朝鮮悪用のFlash脆弱性、広く悪用される状態に - 海外中心に攻撃が拡大、国内でも
脆弱性「Drupalgeddon 2.0」、実証コード公開で攻撃段階に
「Cisco WebEx Clients」に深刻な脆弱性 - ファイル共有でコード実行のおそれ
「OpenSSL」のRSA鍵生成時に秘密鍵取得されるおそれ - 次期更新で修正予定
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Chrome 66」でセキュリティに関する62件を修正 - サンドボックス「Site Isolation」をトライアル
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
国内でも「Drupalgeddon 2.0」を観測 - 「Drupal」利用者はアップデート状況の確認を
スマート電球など身近な複数IoT機器に脆弱性 - ファームウェアの確認を
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開