Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

中小企業を対象としたセミナーが全国7カ所で開催

情報処理推進機構(IPA)などは、サイバーセキュリティ月間に全国7カ所で中小企業を対象としたセキュリティに関するセミナーを開催する。

サイバー攻撃では、政府や大企業だけに限らず、サプライチェーンなど中小企業なども標的となっている一方、取り組みが進んでいない現状があることから、意識の向上を目指し、セミナーを開催するもの。脅威やセキュリティ対策のガイドラインについて紹介する。

2月1日から3月18日のサイバーセキュリティ月間にあわせ、北から北海道、宮城県、長野県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県の全国7カ所で開催を予定。全国で650人の参加を見込んでいるという。

対象は、中小企業および情報セキュリティの関連10団体が推進するセキュリティ対策宣言制度「SECURITY ACTION」において、セキュリティへの取り組みを宣言したい企業や、すでに宣言済みでステップアップしたい企業となる。

参加費は無料だが、事前登録制となる。セミナーの詳細は、各会場のページから。

(Security NEXT - 2018/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

個人情報保護委と経産省、GDPR対応へ向けた参考資料を公開
中小企業向けテレワークのセキュリティガイドライン - CSAJ
5分学習ツールに新コース - テーマはIPAの「情報セキュリティ5か条」
企業における暗号化製品の導入率は45% - 中小3割に満たず
東京都、ガイドブック「中小企業向けサイバーセキュリティ対策の極意」を配布
中小企業向けに改正個人情報保護法を解説 - チェックリストも
中小企業の5.1%がマルウェア感染を経験 - 被害は「データ破壊」が最多
中小企業の6.2%がサイバー攻撃を経験 - 標的型攻撃が最多、ランサムも
中小企業の8割、年間セキュリティ予算は50万円以下 - 7%でランサム被害
中小企業の内部不正、発覚事案の1割弱が情報漏洩