Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始

EGセキュアソリューションズとディーアイエスソリューションは、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始した。

同サービスは、オフィスや工場設備内に設置された無線LANに潜む脆弱性や、不正アクセスを受けるリスクが存在しないかオンサイトで調査を実施し、レポートを提供するもの。

具体的には、無線LAN機器における設定内容や物理的なチェックなどを実施。脆弱性が指摘されている暗号化方式の利用状況や管理者以外によって設置されたアクセスポイントの有無などを調査した上でレポートを提供する。

(Security NEXT - 2018/01/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
シスコ、iOS向けにアクセスを可視化するセキュリティアプリ
危険な無線LANへのアクセスを制限するサービス - アズジェント
「ノートンWiFiプライバシー」の対応プラットフォームが拡充
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
トレンド、無料Wi-Fiの盗聴リスクを低減するアプリ - 時間や通信量制限なし
カスペルスキー、2017年版をリリース - ソフトの断捨離機能も
WEPキーの盗難対策などを搭載した無線LANアクセスポイント
チェック・ポイント、SMB市場向けにUTM2モデルを追加
危険な国や地域への接続をブロックする無線LANルータ「SAKOKU」