Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を

マイクロソフトは、2018年1月の月例セキュリティ更新を公開し、「Adobe Flash Player」に関する脆弱性を除き、CVEベースで23件の脆弱性に対処した。ただし、1月3日にも脆弱性32件を修正する定例外のパッチを公開しており、あわせて注意が必要だ。

20180110_ms_001.jpg
マイクロソフトのセキュリティ更新プログラムガイド

今回のアップデートでは、「Windows」や同社ブラウザの「Internet Explorer」「Microsoft Edge」をはじめ、「Office」「SQL Server」「.NET Framework」「.NET Core」「ASP.NET Core」「Chakra Core」に関する脆弱性を修正した。

脆弱性の最大深刻度は、4段階中もっとも高い「緊急」の脆弱性が1件。次いで深刻度が高い「重要」が20件。「警告」「注意」がそれぞれ1件だった。

脆弱性によって影響は異なるが、悪用されると、リモートからのコード実行や権限の昇格のほか、セキュリティ機能のバイパス、サービス拒否、情報漏洩、改ざん、なりすましなどが生じるおそれがある。

(Security NEXT - 2018/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Facebookへの攻撃、影響は約3000万人 - 15カ月にわたり個人情報なども収集か
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性301件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - 脆弱性334件を修正
PHPにコード実行の脆弱性、リスク「高」 - アップデートがリリース
オフラインでもスキャン履歴から脆弱性を評価する「Nessus 8」
ファイル送受信用アプライアンス「FileZen」に複数の脆弱性
「OpenAM」に「秘密の質問」を書き換えてPW変更が可能となる脆弱性
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
データ解析ツール「Metabase」にXSSの脆弱性
「VMware ESXi」にDoS攻撃受けるおそれ、ホストや他VMにも影響 - パッチは未提供