Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年12月のフィッシング報告数は1165件 - 「Apple」関連が6割

2017年12月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は1165件だった。前月より減少したものの、8月以降は1000件前後と高い水準で推移している。

20180109_pt_001.jpg
フィッシングの報告件数(グラフ:フィ対協)

同協議会によると、2017年12月に寄せられたフィッシングに関する報告は1165件。前月の1396件から231件減となった。

2017年は4月に304件まで縮小したものの、以降は増加傾向が続き、8月には1000件を突破。その後多少の増減は見られるものの、1000件前後で推移している。年明け以降も同様の傾向が続くか動向が注目される。

フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLの件数は565件。前月の703件を138件下回った。9月の1212件から3カ月連続で減少している。一方、悪用されたブランド件数は24件。前月を5件上回った。

同協議会によれば、12月もこれまでと同様に「Apple」をかたるフィッシングの報告が多数寄せられており、全体の62%を占めた。また仮想通貨関連サービスを装うケースも引き続き確認されている。

(Security NEXT - 2018/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的
フィッシングサイトのURLが前月比約1.2倍に - 悪用されるブランドも増加
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇
フィッシングサイトのドメイン登録を検知する技術を共同研究 - フィ対協と長崎県立大
精巧なネットバンクの偽アプリ、見た目で真偽の判断つかず
2017年はフィッシング攻撃数が大幅減 - マルウェアに移行か