Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2017年12月のフィッシング報告数は1165件 - 「Apple」関連が6割

2017年12月にフィッシング対策協議会へ寄せられたフィッシングの報告件数は1165件だった。前月より減少したものの、8月以降は1000件前後と高い水準で推移している。

20180109_pt_001.jpg
フィッシングの報告件数(グラフ:フィ対協)

同協議会によると、2017年12月に寄せられたフィッシングに関する報告は1165件。前月の1396件から231件減となった。

2017年は4月に304件まで縮小したものの、以降は増加傾向が続き、8月には1000件を突破。その後多少の増減は見られるものの、1000件前後で推移している。年明け以降も同様の傾向が続くか動向が注目される。

フィッシングサイトの誘導先に利用されたURLの件数は565件。前月の703件を138件下回った。9月の1212件から3カ月連続で減少している。一方、悪用されたブランド件数は24件。前月を5件上回った。

同協議会によれば、12月もこれまでと同様に「Apple」をかたるフィッシングの報告が多数寄せられており、全体の62%を占めた。また仮想通貨関連サービスを装うケースも引き続き確認されている。

(Security NEXT - 2018/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

大阪府警、サイバー犯罪防止のイメージキャラクターに「ロックマン」
9月のフィッシング報告、3割減 - ブランドの悪用被害は増加
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
2016年3Qのフィッシング、3四半期連続で20万件超
2016年4Qのフィッシングは28万件超 - 過去2番目の規模
2017年1Qのフィッシングは34%減 - 国内でホストされたサイトが10倍超に
フィッシング攻撃、前四半期比4割減 - 約3年ぶりの低水準
減少傾向続いたフィッシング攻撃、増加に転じる