Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報が所在不明に、忘年会の荷物置場からなくなる - 横浜市立大病院

横浜市立大学付属病院は、医師が持ち出した手術記録の写しが所在不明となっていることを明らかにした。

同院によれば、医師が自宅で勉強のために手術記録の写しを持ち出した際に紛失したという。問題の写しには患者4人の氏名や性別、年齢、手術日時、術者、助手、術式などが記載されており、原則持ち出しが禁止されていたが、手続きを経ずに持ち出されていた。

同医師は、2017年12月22日にホテルで開催された忘年会へ出席した際、写しや財布を入れた鞄を荷物置き場へ置いたが、終了後に鞄がなくなっていることに気付いたという。

同医師は病院へ報告後、盗難の可能性があることから警察へ被害届を提出。同院では対象となる患者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
患者情報含むHDDを紛失 - 鹿児島市の総合病院
採用内定者の個人情報含む資料が所在不明 - 国立病院機構
患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 広島市民病院
病院で患者情報含むUSBメモリが所在不明に
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 茨城県立中央病院
患者の個人情報、委託先が持ち出し紛失 - 高知大病院
患者情報を紛失、匿名による郵送で発覚 - 神戸中央病院
患者の個人情報が路上に散乱、すべて回収 - 昭和大病院
患者情報含むUSBメモリが院内で所在不明 - 北里大学東病院