Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

写真コンテスト受賞者の個人情報を誤って公開 - 鳥取県

鳥取県は、観光誘致キャンペーンのウェブサイトにおいて、コンテストの受賞者に関する個人情報が誤ってインターネット上に公開されていたことを明らかにした。

同県によれば、観光誘致キャンペーン「蟹取県ウェルカニキャンペーン」のフォトコンテストのウェブサイトにおいて、2017年12月21日から25日にかけて、コンテストの受賞者に関する個人情報が誤って公開されていたことが判明したもの。氏名や住所、電話番号など14人分の個人情報が含まれる。

同サイトの運営を委託している事業者が、12月21日と22日の両日に7人分の個人情報をフォトコンテスト管理システムに入力したが、 プログラムのミスにより誤って公開されていた。

受賞者より22日に個人情報が公開されていることを指摘するメールが送られたが、委託先事業者がメールを確認、対策を講じたのは25日18時ごろだったという。

翌26日13時ごろに報告を受けた同県では、同日に対象となる受賞者へ説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2018/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公開領域に残存した移行用データが外部流出、個人情報約1.2万人分 - HIS
都環境局のサイトで個人情報を誤表示 - 原因を調査中
サイトに個人情報誤記載、調査で判明 - 佐賀県
ウェブサイトへ個人情報を誤掲載 - 下関市
自治会長名簿を市サイトに誤記載 - 柳井市
研修受講者の個人情報含むデータを誤公開 - 大阪府社会福祉協議会
児童309人の個人情報をウェブサイトに誤掲載 - 大阪市
サーバ上に関係者リストを保存、設定ミスで閲覧可能に - 大阪パフォーマーライセンス推進実行委員会
ボランティア関係者の個人情報をサイトに誤掲載 - 北九州市
学生の個人情報が6年間にわたり外部から閲覧可能な状態に - 東京工業高専