Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで

PHPの開発チームは、複数のセキュリティに関する問題へ対処した「PHP 7.2.1.」「同7.1.13」「同7.0.27」「同5.6.33」をリリースした。

今回のアップデートは、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性など複数のセキュリティに関する問題やバグに対処したもの。開発チームは、これらバージョンへのアップデートを推奨している。

また同7.0系に関しては、今回のアップデートで2年間のアクティブサポートが終了した。今後は重要なセキュリティに関するアップデートのみとなる。またセキュリティサポートに関しても、2018年12月3日に終了する予定で、開発チームでは、「同7.1系」「同7.2系」への移行を計画するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - ルート権限取得のおそれ
「Adobe Acrobat/Reader」脆弱性、すでに悪用ファイルが流通 - PoC公開も
「VMware NSX SD-WAN」にコマンドインジェクションの脆弱性が判明
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
【続報】「Adobe Acrobat/Reader」の定例外パッチが公開 - 早期適用呼びかけ
開発フレームワーク「Electron」にコード実行の脆弱性
「Photoshop CC」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
「PowerDNS Authoritative Server」にRCEの脆弱性 - アップデートがリリース
暗号化メールが外部漏洩する「EFAIL」の脆弱性 - 多数メールクライアントに影響