Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで

PHPの開発チームは、複数のセキュリティに関する問題へ対処した「PHP 7.2.1.」「同7.1.13」「同7.0.27」「同5.6.33」をリリースした。

今回のアップデートは、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性など複数のセキュリティに関する問題やバグに対処したもの。開発チームは、これらバージョンへのアップデートを推奨している。

また同7.0系に関しては、今回のアップデートで2年間のアクティブサポートが終了した。今後は重要なセキュリティに関するアップデートのみとなる。またセキュリティサポートに関しても、2018年12月3日に終了する予定で、開発チームでは、「同7.1系」「同7.2系」への移行を計画するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Intel CPUにネットワーク経由で情報漏洩のおそれ - 「NetCAT攻撃」明らかに
OpenSSLにアップデート、重要度「低」の脆弱性3件に対応
「Chrome 77」で52件のセキュリティ修正 - EV証明書の常時組織名表示を削除
「Chrome」がアップデート、重要度「高」の脆弱性を修正
「Flash Player」に2件の深刻な脆弱性 - アップデートをリリース
MS、月例パッチで脆弱性79件を修正 - 一部でゼロデイ攻撃が発生
CMSの「SHIRASAGI」にオープンリダイレクトの脆弱性
法人向け「ウイルスバスター」狙う攻撃が複数発生 - 設定無効化のおそれ
「Exim」に深刻な脆弱性 - リモートよりコマンド実行のおそれ
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表