Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

PHPにセキュリティアップデート、7.0系のアクティブサポートが終了 - セキュリティサポートも12月3日まで

PHPの開発チームは、複数のセキュリティに関する問題へ対処した「PHP 7.2.1.」「同7.1.13」「同7.0.27」「同5.6.33」をリリースした。

今回のアップデートは、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」の脆弱性など複数のセキュリティに関する問題やバグに対処したもの。開発チームは、これらバージョンへのアップデートを推奨している。

また同7.0系に関しては、今回のアップデートで2年間のアクティブサポートが終了した。今後は重要なセキュリティに関するアップデートのみとなる。またセキュリティサポートに関しても、2018年12月3日に終了する予定で、開発チームでは、「同7.1系」「同7.2系」への移行を計画するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2018/01/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「VMware Workstation」「Fusion」に深刻な脆弱性 - 「Spectre」緩和策と同時に修正
VMware、「Spectre」対策で「VMware ESXi」などにパッチ提供
データベース管理ツール「phpMyAdmin」に深刻な脆弱性
「ESXi」「Workstation」などにゲストOS向けの「Spectre」緩和策
アーカイバ「Lhaplus」に脆弱性、意図しないファイルが生成されるおそれ
EGセキュアら、「無線LAN脆弱性診断サービス」を提供開始
「vRealize Operations」や「Workstation」などVMwareの複数製品に脆弱性
Adobe、「Flash Player」のセキュリティアップデートをリリース
MS、ゼロデイ脆弱性の修正含む月例パッチを公開 - 公開済み定例外パッチにも注意を
国税庁、107種類におよぶe-Tax関連ソフトのインストーラーを更新 - 最新版の利用を