Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

主要メーカー「CPU」に脆弱性、データ漏洩のおそれ - クラウド含む幅広い環境へ影響

今回明らかになった脆弱性のひとつである「Meltdown」は、GoogleやCyberus Technology、オーストリアのグラーツ工科大学などの研究者が報告したもの。

20180105_md_001.jpg
「Meltdown」のロゴ

研究者によれば、ハードウェアによって本来保護されるべきセキュリティの境界を「溶かす」ことから「Meltdown」と名付けられた。「OS」と「アプリケーション」間の分離を破壊。カーネルのメモリに対するアクセスが可能となるという。

「Meltdown」の影響についてIntelの場合、「Itanium」「Atom」を除き、1995年以降に提供されたプロセッサが影響を受けると指摘。「ARM」についても「Cortex-A15」「Cortex-A57」「Cortex-A72」「Cortex-A75」が影響を受ける。ただし「AMD」は、同脆弱性の影響について否定した。

クラウド環境に関しては、IntelのCPUおよび仮想化技術である「Xen PV」を使用する場合に影響があるほか、1つのカーネルを共有するコンテナに依存する場合に影響があるとしている。

(Security NEXT - 2018/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Flash Player」狙いのゼロデイ攻撃、3カ月前から準備か - 給与関連書類を偽装、C&Cは偽求人サイト
CMSの「Zenphoto」にコード実行の脆弱性 - 最新版で修正
「BIND 9」が意図せずオープンリゾルバとなるおそれ - 設定の確認を
MS、AMDプロセッサ向けに「Spectre」緩和策を追加
「Chrome」に重要度「高」の脆弱性 - アップデートがリリース
「OpenSSL」にDoS攻撃受ける脆弱性 - 修正は次期アップデートで
MS、6月の月例パッチをリリース - 脆弱性1件が公開済み、悪用は未確認
Windows版LINEにリンクでDLL読込パスを指定できる脆弱性 - すでに修正済み
スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
NICT、脆弱性管理プラットフォーム「NIRVANA改弐」を発表