Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリは、IoTや組込機器のデバイスメーカー向けに、マルウェアなど不正なプログラムの実行を防ぐソフトウェア「WhiteSec」を提供開始した。

同製品は、同社が開発するセキュアOS「FUJITSU Security Solution SHieldWARE」の技術を応用しており、プログラムの改ざんを防止。

さらに許可を得ていないプログラムの実行を防ぐ「ホワイトリスト実行制御機能」をはじめ、USBメモリ経由のマルウェア感染や、データの持ち出しを防ぐ「デバイス制御機能」、脆弱性を突いたコード実行を防ぐ「メモリ保護機能」などを備えている。

発売当初は「Windows XP Embedded」「Windows Embedded 2009」「Windows Embedded 7」「Windows 10 IoT」向けに提供。2018年4月を目安にLinux環境にも対応する予定。

同社では、今後2年間に2億円の売上を目指して同ソリューションを展開していく。

(Security NEXT - 2017/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

家庭向けIoT機器の脆弱性診断アプリを公開 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
サイバーフィジカルシステムの脅威情報サービス - FireEye
ウェブアプリなどの脆弱性情報を配信するサービス - EGセキュア
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
IoTに特化した脆弱性診断サービス - サイバーマトリックス
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁
斜め顔やマスク姿にも対応する顔認証技術をAPIで提供
Androidアプリの脆弱性診断、ソニーDNAがラックに譲渡
米Palo Alto、IoTセキュリティのZingboxを買収