Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ライムライト、DDoS対策サービスを強化

ライムライト・ネットワークス・ジャパンは、CDNプラットフォームにより、DDoS攻撃からウェブサイトを保護するサービス「DDoS Attack Interceptor」の機能を強化した。

同サービスは、コンテンツデリバリネットワークのエッジにおいて、DDoS攻撃からウェブサイトを保護するソリューション。悪意あるトラフィックの検出やプロアクティブな通知に対応しており、攻撃トラフィックを排除する。

別のネットワークに転送したり、コンテンツ配信ネットワークへトラフィックを戻すことなく、攻撃トラフィックのスクラビングを実行することが可能。

影響の緩和単位で料金を設定するエントリーレベルのサービスや、無制限の影響緩和を提供するプレミアムレベルのサービスを用意している。

(Security NEXT - 2017/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
Avast、IoT機器向けにSaaS型セキュリティプラットフォーム
ラック、中規模サイトを保護する「LAC Kai」を販売開始
Radware、ハイブリッド環境向けにマネージドDDoS攻撃対策サービス
アルテリア、DDoS攻撃対策サービスをリリース
A10、DDoS対策アプライアンスのラインアップを追加
CSC、「攻撃遮断くん」利用者向けにサイバー保険を付帯
NTTコム、SaaS型WAFサービスを提供 - 「Slow DoS攻撃」にも対応
日立システムズ、金融機関向けにサイバー攻撃対策パッケージ
米Radware、日本国内にDDoS攻撃対策のスクラビングセンター