Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース

オープンソースのHTTPサーバ「H2O」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかになった。アップデートがリリースされている。

影響を受けるバージョンは異なるが、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2017-10869」をはじめ、サービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2017-10868」「CVE-2017-10872」「CVE-2017-10908」など、あわせて4件の脆弱性が明らかになった。

同脆弱性は、開発者が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。JVNを通じて利用者へ注意が呼びかけられている。

「CVE-2017-10868」「CVE-2017-10869」については、10月にリリースされた「同2.2.3」ですでに解消済み。また12月15日に公開された「同2.2.4」にて、「CVE-2017-10872」「CVE-2017-10908」の修正が行われている。

(Security NEXT - 2017/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ウイルスバスター」導入環境にdllハイジャックの脆弱性
MS、月例パッチで50件の脆弱性を修正 - 一部公開済みの脆弱性も
「Adobe Acrobat/Reader」にセキュリティ更新 - 脆弱性41件を修正
「Adobe Experience Manager」にセキュリティアップデート
Adobe、「Acrobat/Reader」のセキュリティアップデートを2月13日に公開予定
VMware製仮想アプライアンス6製品、「Meltdown」「Spectre」が影響
Intel、脆弱性「Spectre」を軽減する「Skylake」向けマイクロコードをリリース
「WordPress」にDoS攻撃を受けるおそれ、研究者が指摘
「Spring Security」「Spring Framework」に脆弱性 - 認証回避のおそれ
Flashゼロデイ脆弱性に北朝鮮関与 - 11月中旬より悪用