Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HTTPサーバ「H2O」に脆弱性 - アップデートがリリース

オープンソースのHTTPサーバ「H2O」に複数の脆弱性が含まれていることが明らかになった。アップデートがリリースされている。

影響を受けるバージョンは異なるが、バッファオーバーフローの脆弱性「CVE-2017-10869」をはじめ、サービス拒否に陥るおそれがある脆弱性「CVE-2017-10868」「CVE-2017-10872」「CVE-2017-10908」など、あわせて4件の脆弱性が明らかになった。

同脆弱性は、開発者が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、JPCERTコーディネーションセンターが調整を実施。JVNを通じて利用者へ注意が呼びかけられている。

「CVE-2017-10868」「CVE-2017-10869」については、10月にリリースされた「同2.2.3」ですでに解消済み。また12月15日に公開された「同2.2.4」にて、「CVE-2017-10872」「CVE-2017-10908」の修正が行われている。

(Security NEXT - 2017/12/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache Tomcat」に脆弱性 - DoS攻撃受けるおそれ
「VMware ESXi」など複数製品に深刻な脆弱性 - アップデートを
「Magento」に脆弱性 - 「1系」まもなくEOL、最後の更新
RPCフレームワーク「Apache Dubbo」にRCE脆弱性
脆弱性を解消した「Firefox for iOS 27」がリリース
NETGEAR製品に10件のゼロデイ脆弱性 - 多数製品に影響
「e-Tax受付システム」利用者向けのChrome拡張機能に脆弱性
「Apache Spark」に脆弱性、アップデートがリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.116」をリリース - 脆弱性を修正
「EC-CUBE」にディレクトリトラバーサルの脆弱性 - アップデートが公開